新宿区の公立中学校情報(学級数、クラス数など)

新宿区の公立中学校情報(学級数、クラス数など)

新宿区の公立中学校情報

新宿区にある区立中全10校の情報をまとめています。

 

新宿区では学校選択制度が採用されているため通学区域以外の中学校を進学先に選ぶこともできます。各校のクラス数など学校情報をまとめましたので参考にしてみてください。

 

新宿区の学校選択制について

  • 住んでいる場所に応じた学校(通学区域の学校)への入学が原則。
  • 入学時に1回のみ通学区域以外の学校を希望することができる。
  • 各校とも入学できる人数の上限があるため、希望が集中した場合は抽選となる。
  • 通学区域の学校へは抽選なしで優先的に入学できる。
  • 遠距離でも自転車通学は各校とも認めていない。

令和4年度入学生では、牛込第三中学校、西早稲田中学校、新宿西戸山中学校が抽選となりました。

  • 牛込第三中…84人の抽選で38人が当選
  • 西早稲田中…60人の抽選で31人が当選
  • 新宿西戸山中…19人の抽選で14人が当選

 

令和5年度の各学校の入学可能者数は下記のとおりです。

中学校名 学級数 生徒数
牛込第一中 3学級 120名
牛込第二中 3学級 120名
牛込第三中 3学級 120名
四谷中 3学級 120名
西早稲田中 4学級 160名
落合中 3学級 120名
落合第二中 3学級 120名
西新宿中 3学級 120名
新宿中 4学級 160名
新宿西戸山中 4学級 160名

 

指定校変更制度について

学校選択制とは別に指定校変更制度というものもあります。

 

これは通学区域の学校へ通うことができない「特別な事情」がある場合に、通学区域以外の学校へ入学することができる制度です。

 

新宿区立中学の住所一覧

中学校名 住所 備考
牛込第一中 北山伏町4−1
牛込第二中 喜久井町20
牛込第三中 市谷加賀町1−3−1 特別支援学級あり(発達障害等)
四谷中 四谷1−12 特別支援学級あり(知的障害者)
西早稲田中 戸山3−20−2
落合中 下落合2−24−6
落合第二中 西落合1−6−5 特別支援学級あり(発達障害等)
西新宿中 西新宿8−2−44 特別支援学級あり(知的障害者)
新宿中 新宿6−15−22 特別支援学級あり(知的障害者)
新宿西戸山中 百人町4−3−1

 

新宿区立中学の生徒数、クラス数(令和4年度)

中学校名 一年生 二年生 三年生 合計
牛込第一中 クラス数 1 2 1 4
生徒数 39 43 32 114
牛込第二中 クラス数 2 2 2 6
生徒数 51 55 54 160
牛込第三中 クラス数 3 3 3 9
生徒数 94 96 88 278
四谷中 クラス数 3 3 3 9
生徒数 102 87 82 271
西早稲田中 クラス数 4 4 4 12
生徒数 149 141 149 439
落合中 クラス数 2 2 2 6
生徒数 77 75 74 226
落合第二中 クラス数 4 3 2 9
生徒数 108 86 73 267
西新宿中 クラス数 2 2 2 6

生徒数

46 64 75 185
新宿中 クラス数 3 4 4 11
生徒数 106 130 134 370
新宿西戸山中 クラス数 5 4 4 13
生徒数 150 152 153 455

比較のため支援級の生徒数を除いて表示しています。

 

新宿区内で最も大規模が区立中学校は新宿西戸山中で合計455名。
反対に最も小規模な学校は牛込第一中の各学年2クラスの合計114名です(令和4年度)。


都立中対策に必須の勉強法
読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】