都内小学生の学習塾費の平均はどのぐらい?

都内小学生の学習塾費の平均はどのぐらい?

子どもの学習費調査による都内公立小学生の学習塾費

学習塾費の平均額についてはいくつかのデータがありますが、塾業界が発表しているものは多めに出る傾向があるので、文部科学省が全国規模で行っている調査をもとに調べました。

 

公立小学生の平均学習塾費(全国)

年間 月間(年間÷12)
1年生 17,991 1,499
2年生 30,278 2,523
3年生 40,629 3,386
4年生 47,773 3,981
5年生 84,579 7,048
6年生 96,289 8,024

(データ出所:文部科学省「子どもの学習費調査 平成30年度」)

 

文部科学省「子どもの学習費調査 平成30年度」によると公立小学校に通っている児童の平均学習費は年間53,313円ですが、これは全学年の平均金額です。

 

当然、学年により平均は大きく異なり、1年生と6年生では5倍以上の差があります。
また、上記は全児童の平均なので塾に通っていない子は「0円」として計算されます。

 

そこで、塾に通っている児童だけを対象にした数値はコチラ。

 

塾に通っている公立小学生の平均学習塾費(全国)

塾通い率 年間 月間(年間÷12)
1年生 26.8% 67,000 5,583
2年生 31.4% 96,000 8,000
3年生 39.0% 104,000 8,667
4年生 40.3% 118,000 9,833
5年生 45.1% 188,000 15,667
6年生 51.6% 187,000 15,583

(データ出所:文部科学省「子どもの学習費調査 平成30年度」)

 

中学受験が近づく5年生、6年生になると毎月約1万5千円の学習塾費がかかっていることになります。
ただし、これは全国平均です。

 

都市部と地方では塾代にも価格差があります。

 

全学年の全国での平均は年間136,000円ですが、都市部(23区内)だと年間183,000円となります(データ出所:同)。全国と23区の差は1.35倍です。

 

この1.35倍を学年ごとの全国平均にあてはめて計算した結果がこちら。

 

塾に通っている公立小学生の平均学習塾費(東京都23区内推計)

年間 月間(年間÷12)
1年生 90,154 7,513
2年生 129,176 10,765
3年生 139,941 11,662
4年生 158,779 13,232
5年生 252,971 21,081
6年生 251,625 20,969

(データ出所:文部科学省「子どもの学習費調査 平成30年度」をもとに算出)

 

5年生、6年生毎月約2万円の塾代となります。

 

 

 

上記はあくまで平均値ですので、これ以上かけている家庭もありますし、もっと少ない家庭もあります。あくまで小学生の塾代の目安として参考にしてみてください。

都立中対策に必須の勉強法
読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】