都立大泉中の受検倍率データ一覧

都立大泉中の受検倍率データ一覧

都立大泉中の倍率データ一覧

都立大泉中の最新倍率

2022年に行われた都立大泉中学校の一般枠での受験(受検)倍率は、男子枠が4.04倍(前年5.42倍)、女子枠が4.53倍(前年5.98倍)でした。大泉中は男女とも倍率が低下しましたが、これは募集人員が2021年までの男女各60名から2022年は男女各80名に増えたことが影響しています。

 

男子枠は前年が都立中10校の中で2番目に倍率が高かったのですが、2022年は前年の5.42倍から4.04倍に低下したことで、都立中全体でも5番目となりました。女子枠も前年の5.98倍から4.53倍に低下しましたが、都立中10校の中では4番目から5番目と大きく下がったわけではありません。

 

都立大泉中の倍率推移(男子)

年度 募集人数 受検人数 受検倍率
2012年度 60名 428名 7.13倍
2013年度 60名 486名 8.10倍
2014年度 60名 419名 6.98倍
2015年度 60名 374名 6.23倍
2016年度 60名 368名 6.13倍
2017年度 60名 354名 5.90倍
2018年度 60名 413名 6.88倍
2019年度 60名 361名 6.02倍
2020年度 60名 295名 4.92倍
2021年度 60名 325名 5.42倍
2022年度 80名 323名 4.04倍

 

都立大泉中の倍率推移(女子)

年度 募集人数 受検人数 受検倍率
2012年度 60名 507名 8.45倍
2013年度 60名 615名 10.25倍
2014年度 60名 515名 8.58倍
2015年度 60名 488名 8.13倍
2016年度 60名 471名 7.85倍
2017年度 60名 429名 7.15倍
2018年度 60名 403名 6.72倍
2019年度 60名 369名 6.15倍
2020年度 60名 387名 6.45倍
2021年度 60名 359名 5.98倍
2022年度 80名 362名 4.53倍

(データ出所:東京都教育委員会)

年度について…2022年度とは、2022年度4月入学生の試験で、2021年度の小学校6年生が受検したものです。

 

都立大泉中の倍率順位と児童数の推移

都立大泉中学校の男女別倍率データと各年の小学校6年生の人数は次の通りです。
小学6年生の人数は、大泉中がある練馬区のデータも掲載しています。

 

都立大泉中(男子)の倍率推移

入試年度 倍率 順位 練馬区(人) 区部(人) 東京都(人)
2018 6.88 1 2,690 29,178 46,508
2019 6.02 2 2,873 31,093 48,849
2020 4.92 7 2,929 31,860 49,983
2021 5.42 2 2,934 32,292 50,383
2022 4.04 5 2,790 32,633 50,834

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
練馬区(人)は、受検対象となる練馬区の小学校6年生男子の人数(5月1日時点)。
区部(人)は同23区内。東京都(人)は同東京都内。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

 

大泉中男子の倍率は、2019年度の6.02倍から翌2020年度には4.92倍と大きく低下しまし、都立10校の中での倍率の高さも2番目(2019年度)から7番目(2020年度)に低下しました。

 

都立大泉中(女子)の倍率推移

入試年度 倍率 順位 練馬区(人) 区部(人) 東京都(人)
2018 6.72 2 2,502 27,413 43,658
2019 6.15 5 2,635 28,759 45,590
2020 6.45 4 2,605 29,583 46,806
2021 5.98 4 2,746 30,195 47,236
2022 4.53 5 2,711 30,373 47,479

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
練馬区(人)は、受検対象となる練馬区の小学校6年生女子の人数(5月1日時点)。
区部(人)は同23区内。東京都(人)は同東京都内。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

大泉中女子の倍率は、2020年度の6.45倍から 2021年度5.98倍→2022年度4.53倍と2年連続で低下しています。


都立中対策に必須の勉強法
読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】