都立中を受験するなら知っておきたいこと

検索結果

「 立川国際中 」の検索結果
  • 都立立川国際中の受検倍率データ一覧
    都立立川国際中の倍率データ一覧都立立川国際中の最新倍率2022年に行われた立川国際中等教育学校の一般枠での受験(受検)倍率は、男子が4.35倍(前年4.09倍)、女子が5.42倍(前年4.86倍)でした。男女とも前年比で倍率が上昇し、都立中10校の中でみても、男子は3番目、女子は4番目の高さとなりました。都立立川国際中倍率(男子枠)年度募集人数受検人数受検倍率2012年度65名280名4.31倍2013年度65名346名5.32倍2014年度65名343名5.28倍2015年度65名330名5.08倍2016年度65名279名4.29倍2017年度65名315名4.85倍2018年度65名276名4.25倍2019年度65名251名3.86倍2020年度65名239名3.68倍2021年度65名266名4.09倍2022年度65名283名4.35倍都立立川国際中倍率(女子枠)年度募集人数受検人数受検倍率2012年度65名504名7.75倍2013年度65名450名6.92倍2014年度65名430名6.62倍2015年度65名475名7.31倍2016年度65名422名6.49倍2017年度65名393名6.05倍2018年度65名340名5.23倍2019年度65名336名5.17倍2020年度65名389名5.98倍2021年度65名316名4.86倍2022年度65名352名5.42倍(データ出所:東京都教育委員会)年度について…2022年度とは、2022年度4月入学生の試験で、2021年度の小学校6年生が受検したものです。都立立川国際中の倍率順位と児童数の推移都立立川国際中学校の男女別倍率データと各年の小学校6年生の人数は次の通りです。小学6年生の人数は、立川国際中がある立川市のデータも掲載しています。都立立川国際中(男子)の倍率推移入試年度倍率順位立川市(人)市部(人)東京都(人)20184.251071316,97246,50820193.861071017,36848,84920203.681072917,79249,98320214.09873917,73650,38320224.35377117,86950,834赤字は前年から倍率がアップしたところ。順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。立川市(人)は、受検対象となる立川市の小学校6年生男子の人数(5月1日時点)。市部(人)は同市部内。東京都(人)は同東京都内。データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計立川国際中男子の倍率は、2020年度の3.68倍から4.09倍(2021年度)→4.35倍(2022年度)と2年連続で上昇し、都立中10校の中での倍率の高さも2022年度入試では3番目となりました。 都立立川国際中(女子)の倍率推移入試年度倍率順位立川市(人)市部(人)東京都(人)20185.23968915,91943,65820195.17873016,54045,59020205.98574216,89546,80620214.86769416,75247,23620225.42467016,76447,479赤字は前年から倍率がアップしたところ。順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。立川市(人)は、受検対象となる立川市の小学校6年生女子の人数(5月1日時点)。市部(人)は同市部内。東京都(人)は同東京都内。データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計立川国際中女子の倍率は、5倍前後で推移していますが2020年度のように6倍近く(5.98倍)となった年もありました。
    Read More
  • 都立立川国際中の内申点計算方法(2023年入学者)
    立川国際中受検での内申点計算方法都立立川国際中学校受検では、適性検査と内申点の合計により合格判定が行われます(令和5年度募集要項より)。立川国際中のと内申点割合(一般枠)内申点適性検査【1】適性検査【2】250点250点500点合計で1000点満点で合否判定が行われます。適性検査は【1】【2】は100点満点で採点が行われ、【1】は得点を2.5倍、【2】は5倍して750点満点に換算し直します。内申点は1000点満点中250点で、25%の割合となっています。参考:都立中入試での内申点の割合(2023年入学者)内申割合学校名30%桜修館中、大泉中、富士中25%立川国際中、武蔵中、小石川中20%南多摩中、白鴎中、両国中、三鷹中立川国際中の内申点計算方法都立中の内申点は小学校5年生と6年生のときの成績(通知表の評定)をもとに計算されます。立川国際中では下記の方法で計算を行います。6年生の成績は12月末時点のものになります。教科5年評定6年評定321321国語2010520105社会2010520105算数2010520105理科2010520105音楽2010520105図工2010520105家庭2010520105体育2010520105外国語2010520105合計180180満点360合否判定の際は、上記の360点満点で算出したものを250点満点に換算して行います。都立中受検向けオススメ! 適性検査の総合問題対策に役立つ動画授業適性検査の総合問題は算数、理科、社会から出題されます。このため対策としては各教科をまんべんなく勉強しておくことが必要です。特に塾では後回しになりがちな理科や社会が要注意!下記スタディサプリ小学講座の動画授業を一通り確認しておくことをオススメします。
    Read More
  • 立川国際中に合格するには(勉強方法、塾・家庭教師の選び方)
    立川国際中受験生向け塾・家庭教師選びのポイント都立立川国際中(立川市)に合格するための勉強方法、塾家庭教師の選び方などを解説します。都立中の入試は適性検査と呼ばれ、私立中の入試問題とは傾向が異なります。このため立川国際中に合格するには、出題傾向を踏まえた対策が必要です。立川国際中の入試(一般枠)選抜方法立川国際中の合否判定は適性検査(筆記試験)と内申点(小学校の成績)の総合成績により行われます。適性検査と内申点の割合は下記のとおりとなります(令和5年度入試)。適性検査【1】適性検査【2】内申点250点500点250点内申点は小学校5年生と6年生のときの成績(評定)から下記の方法で算出されます。立川国際中の内申点計算方法教科5年評定6年評定321321国語2010520105社会2010520105算数2010520105理科2010520105音楽2010520105図工2010520105家庭2010520105体育2010520105外国語2010520105合計180180満点360合否判定の際は、上記の360点満点で算出したものを250点満点に換算して行います。参考資料(都立中全10校の適性検査、内申点割合)立川国際中の適性検査対策立川国際中の合否判定では、1000点満点中半分の500点が適性検査【2】に割り当てられています。他の都立中では、適性検査を【1】から【3】まで実施するところも多く、ひとつの適性検査が総合成績の半分を占めるのは立川国際中の特徴です。このため立川国際中の受検対策では何よりも適性検査【2】に向けた勉強をすることが必要です。参考:昨年度の適性検査【1】問題立川国際中の適性検査【1】は都立中共同作成問題ではなく、立川国際中独自作成問題となっています。令和4年度の適性検査【1】では、設問が(1)から(3)まであり、(1)は35字以上45字以内、(2)は70字以上80字以内、(3)は360字以上400字以内での記述回答を求められました。(3)は他の都立中では400字以上となっているところが多いのですが、立川国際中は比較的少ない文字数となっています。立川国際中の適性検査【2】の内容は?立川国際中の適性検査【2】は総合問題と呼ばれるものです。これは私立中のような国語、社会、算数、理科といった科目別の試験ではなく、すべての科目の知識を使って解く問題形式となっています(なお、適性検査【1】は国語の問題)。適性検査(総合問題)対策が出来る塾か?塾選びではこの点が重要です。都立中入試に対応した総合問題対策を授業で行っている塾でないと立川国際中受検には役立ちません。ただし、総合問題対策といっても各科目(算数、社会、理科)の基礎力は絶対に必要です。基礎力が身についていないと感じるのであれば、オンライン教材などを併用してみて下さい。基礎力はオンライン教材。実践的な適性検査の総合問題対策は塾と使い分けるのがベストな選択です。基礎力アップにおすすめのオンライン教材動画授業で基礎力が身につきます。
    Read More
  • 都立立川国際中の募集要項(令和5年度入試)
    都立立川国際中の募集要項令和5年度(令和5年4月入学)の立川国際中募集要項が発表されましたので、入試に関する部分をピックアップしました。立川国際中入試情報(2023年4月入学者)適性検査内容適性検査【1】適性検査【2】9:00〜9:4510:25〜11:10独自問題共同作成問題試験時間はいずれも45分。合格判定1000点満点で判定。適性検査【1】適性検査【2】内申点250点500点250点適性検査は【1】【2】は100点満点で採点し、【1】は2.5倍、【2】は5倍して合格判定に用います。立川国際中の内申点計算方法小学校5年生と6年生のときの成績(通知表の評定)をもとに計算されます。立川国際中では下記の方法で計算を行います。6年生の成績は12月末時点のものになります。5年評定6年評定教科321321国語2010520105社会2010520105算数2010520105理科2010520105音楽2010520105図工2010520105家庭2010520105体育2010520105外国語2010520105合計180180満点360合否判定の際は、上記の360点満点で算出したものを250点満点に換算して行います。都立立川国際中の学校基本情報立川国際中の年間授業時数科目1年2年3年国語140140140社会140140140数学140140140理科140140140英語175175175音楽453535美術453535保健体育105105105技術・家庭707035総合507070道徳353535学活353535(令和4年度入学生)立川国際中学の部活動部活動は運動部が12、文化部が9つあります。(前期課程)は1年から3年(中学に相当)、(後期課程)は4年から6年(高校に相当)のことです。運動部…男女バスケットボール部、男子バレーボール部、サッカー部、男女硬式テニス部、ラクロス部、バドミントン部、陸上競技部、卓球部、剣道部、軟式野球部(前期課程)、硬式野球部(後期課程)、弓道部(後期課程)文化部…吹奏楽部、合唱部、家庭科部、英語部、美術部、演劇部、茶道部、科学部、放送部立川国際中学の場所と最寄り駅【住所】東京都立川市曙町3−29−37立川駅(JR中央線)からバス12分(または徒歩18分)立川北駅(多摩都市モノレール)からバス12分(または徒歩18分)参考)令和4年度の立川国際中募集要項令和4年度の立川国際中入試情報(2022年4月入学者)入試日程出願受付…令和4年1月12日(水)から令和4年1月18日(火)まで適性検査…令和4年2月3日(木)合格発表…令和4年2月9日(水) 午前9時適性検査内容適性検査【1】適性検査【2】9:00〜9:4510:25〜11:10独自問題共同作成問題試験時間はいずれも45分。合格判定1000点満点で判定。適性検査【1】適性検査【2】内申点250点500点250点適性検査は【1】【2】は100点満点で採点し、【1】は2.5倍、【2】は5倍して合格判定に用います。
    Read More