Z会主催の都立中高一貫校対策「学校講演会」「受検研究会」「適性検査実力テスト」

Z会主催の都立中高一貫校対策企画(平成27年)

通信教育で老舗のZ会が首都圏の小学生とその保護者を対象にした都立中高一貫校の受験(受検)対策企画を予定しています。

 

内容は「学校講演会」「受検研究会」「適性検査実力テスト」で、平成27年の5月から7月に実施。いずれも無料です。

 

都立(公立)の中高一貫校は入学試験も私立中学とは異なり、適性検査という形で行われます。より志望校にあった対策が必要となるので、情報収集が欠かせません。

 

都立中高一貫校の受検を考えている人は参加してみてください。

 

学校講演会
  • 都立中高一貫校の校長が自校の校風や在校生の様子を説明。
  • 受験問題の狙いや勉強方法についても講演します。
  • 場所はZ会の進学教室。
日付時間学校名
6月 6日(土)10:00〜11:30小石川中等教育学校
6月 6日(土)13:30〜15:00三鷹中等教育学校
6月13日(土)10:30〜12:00両国高校附属中学校
6月13日(土)10:30〜12:00桜修館中等教育学校
6月13日(土)11:00〜12:00大泉高校附属中学校
6月20日(土)10:30〜12:00富士高校附属中学校
6月21日(日)10:00〜11:30立川国際中等教育学校
6月27日(土)10:30〜12:00白鴎高校附属中学校
6月27日(土)13:30〜15:00武蔵高校附属中学校
7月 5日(日)10:00〜11:30南多摩中等教育学校

 

受検研究会
  • 適性検査問題の傾向と対策について解説
  • 過去問を解くときのポイントなどこれからの勉強で気をつけることも説明
  • 6月14日から7月まで5日間開催

 

適性検査実力テスト
  • 7月12日(日)10:00〜11:40
  • 都内の7教室で開催
  • 同日に保護者を対象とした説明会も実施

 

Z会についてはコチラ(中学受験コースもあります。)

小学生のためのZ会

都立中対策に必須の勉強法

読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】
page top