都立中合格判定のしくみ

都立中各校の合格判定に占める適性検査および内申点割合

都立中の入試では、適性検査の成績と内申点による総合成績で合格判定が行われます。
この総合成績における適性検査と内申点の割合は学校により異なります。

 

そこで、令和4年度入試での都立中各校の割合を一覧にしました。
受検する人は各校の傾向にあわせて対策をしてください。

 

都立中合格判定に占める適性検査・内申点の割合(令和4年度入試)

適性検査割合内申割合
記述系問題割合総合問題割合
白鴎中80%20%
30%50%
両国中80%20%
30%50%
富士中70%30%
20%50%
大泉中70%30%
20%50%
武蔵中75%25%
25%50%
小石川中75%25%
25%50%
桜修館中70%30%
20%50%
南多摩中80%20%
27%53%
立川国際中75%25%
25%50%
三鷹中80%20%
30%50%

南多摩中は適性検査を【1】と【2】の2つ実施し、記述系問題割合となっている【1】は100点満点で採点。総合問題となっている【2】は得点を2倍して200点満点で採点。合計300点満点分を内申点も含めた総合成績(1000点満点)では800点分とするため、割合が27%と53%のように半端な数値になっています。

 

総合成績に占める内申点の割合が高い学校

富士中大泉中桜修館中は総合成績に占める内申点の割合が30%で都立中10校の中では最も高い学校となっています。この割合が最も低いのは、白鴎中、両国中、三鷹中、南多摩中の20%です。

 

総合成績に占める記述系問題の割合が高い学校

記述系問題とは適性検査【1】のことで、各校とも400字前後の記述問題がメインとなっている読解問題です。この割合が最も高いのは、白鴎中両国中三鷹中総合成績の30%を占めています。この三校の受検を希望するのであれば、記述対策が重要になります。

 

総合成績に占める総合問題の割合が高い学校

総合問題とは算数、理科、社会などの知識を使って解く総合的な問題です。この割合が最も高いのは南多摩中53%です。南多摩中は総合問題となっている適性検査【2】が合否を分けるといっても過言ではありません。

都立中対策に必須の勉強法

読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】
page top