都立立川国際中の倍率推移

都立立川国際中の受検倍率(2016年〜2020年)

都立立川国際中学校の男女別倍率データと各年の小学校6年生の人数は次の通りです。
小学6年生の人数は、立川国際中がある立川市のデータも掲載しています。

 

都立立川国際中(男子)の倍率推移

倍率順位立川市(人)市部(人)東京都(人)
2020年3.681072917,79249,983
2019年3.861071017,36848,849
2018年4.251071316,97246,508
2017年4.85774917,17547,262
2016年4.291077017,54648,536

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
立川市(人)はその前年の5月1日時点での立川市の小学校6年生男子の人数。
市部(人)はその前年の5月1日時点での東京都市部全体での小学校6年生男子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生男子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

立川国際中男子の倍率は、2017年の4.85倍から4.25倍(2018年)→3.86倍(2019年)→3.68倍(2020年)と3年続けて前年比で低下しています。

 

このため都立中10校の中での倍率順位も2018年以降は10位となっています。

 

都立立川国際中(女子)の倍率推移

倍率順位立川市(人)市部(人)東京都(人)
2020年5.98574216,89546,806
2019年5.17873016,54045,590
2018年5.23968915,91943,658
2017年6.05569816,45744,544
2016年6.49672016,78545,315

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
立川市(人)はその前年の5月1日時点での立川市の小学校6年生女子の人数。
市部(人)はその前年の5月1日時点での東京都市部全体での小学校6年生女子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生女子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

立川国際中女子の倍率は、ここのところ下がり続けていましたが、2020年に前年の5.17倍から5.98倍に上昇しました(上昇幅は都立中10校の中で最も高いものでした)。

 

これにより、都立中10校の中での倍率順位も5位にアップしました。

 

参考:応募時点での倍率推移

立川国際中の応募時点と受検時点での倍率を比較してみました。

男子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募3.883.984.525.024.46
受検3.683.864.254.854.29
0.200.120.270.170.17
女子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募6.205.375.466.346.65
受検5.985.175.236.056.49
0.220.200.230.290.16

試験当日に休む人や辞退する人がいるので、受検倍率は応募倍率よりも低くなります。

page top