都立桜修館中の倍率推移

都立桜修館中の受検倍率(2016年〜2020年)

都立桜修館中学校の男女別倍率データと各年の小学校6年生の人数は次の通りです。
小学6年生の人数は、桜修館中がある目黒区のデータも掲載しています。

 

都立桜修館中(男子)の倍率推移

倍率順位目黒区(人)区部(人)東京都(人)
2020年4.69884931,86049,983
2019年4.51876931,09348,849
2018年4.39974729,17846,508
2017年5.08571029,72647,262
2016年5.69573730,64348,536

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
目黒区(人)はその前年の5月1日時点での練馬区の小学校6年生男子の人数。
区部(人)はその前年の5月1日時点での23区全体での小学校6年生男子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生男子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

桜修館中男子の倍率は、最近では2018年の4.39倍を底にして、4.51倍(2019年)→4.69倍(2020年)と2年連続で上昇しています。

 

ただし、都立中10校の中で比べると2019年、2020年とも8番目の高さであり、比較的入りやすい学校であることに変わりはありません。

 

都立桜修館中(女子)の倍率推移

倍率順位目黒区(人)区部(人)東京都(人)
2020年6.76368229,58346,806
2019年6.94370528,75945,590
2018年6.59366427,41343,658
2017年6.71465527,74544,544
2016年6.89464828,20045,315

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
目黒区(人)はその前年の5月1日時点での練馬区の小学校6年生女子の人数。
区部(人)はその前年の5月1日時点での23区全体での小学校6年生女子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生女子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

桜修館中女子の倍率は、2019年に6.94倍と7倍近くまで上昇していますが、それ以外の年は前年比で倍率が低下しています。

 

ただし、都立中10校の中では3〜4番目の倍率の高さとなっており、人気が続いています。

 

参考:応募時点での倍率推移

桜修館中の応募時点と受検時点での倍率を比較してみました。

男子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募4.864.734.605.255.95
受検4.694.514.395.085.69
0.170.220.210.170.26
女子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募7.107.487.047.107.48
受検6.766.946.596.716.89
0.340.540.450.390.59

試験当日に休む人や辞退する人がいるので、受検倍率は応募倍率よりも低くなります。

中学受験に使えるオンライン学習

page top