都立富士中の倍率推移

都立富士中の受検倍率(2016年〜2020年)

都立富士中学校の男女別倍率データと各年の小学校6年生の人数は次の通りです。
小学6年生の人数は、富士中がある中野区のデータも掲載しています。

 

都立富士中(男子)の倍率推移

倍率順位中野区(人)区部(人)東京都(人)
2020年5.03579131,86049,983
2019年4.18973931,09348,849
2018年4.45875929,17846,508
2017年4.98671829,72647,262
2016年4.73974730,64348,536

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
中野区(人)はその前年の5月1日時点での中野区の小学校6年生男子の人数。
区部(人)はその前年の5月1日時点での23区全体での小学校6年生男子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生男子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

富士中男子の倍率は、2017年の4.98倍から4.45倍(2018年)→4.18倍(2019年) と低下傾向が続いていましたが、2020年に大きく反転し、5.03倍と5倍を超えました。

 

これにより都立中10校の中での倍率の高さも5番目まで上がっています。

 

都立富士中(女子)の倍率推移

倍率順位中野区(人)区部(人)東京都(人)
2020年5.17875029,58346,806
2019年5.02970728,75945,590
2018年5.40763827,41343,658
2017年5.68771227,74544,544
2016年4.75966828,20045,315

赤字は前年から倍率がアップしたところ。
順位は都立中10校の中での順番(高いほうから)。
中野区(人)はその前年の5月1日時点での中野区の小学校6年生女子の人数。
区部(人)はその前年の5月1日時点での23区全体での小学校6年生女子の人数。
東京都(人)はその前年の5月1日時点での東京都全体での小学校6年生女子の人数。
データ出所:東京都教育委員会ホームページの数値から集計

富士中女子の倍率は、都立中10校(女子枠)の中では低いほうで、2017年からは5倍台が続いています。女子枠は7倍を超える学校もあるだけに、倍率面では比較的入りやすい学校といえます。

 

参考:応募時点での倍率推移

両国中の応募時点と受検時点での倍率を比較してみました。

男子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募5.174.354.505.084.88
受検5.034.184.454.984.73
0.140.170.050.100.15
女子枠
2020年2019年2018年2017年2016年
応募5.305.185.555.805.00
受検5.175.025.405.684.75
0.130.160.150.120.25

試験当日に休む人や辞退する人がいるので、受検倍率は応募倍率よりも低くなります。

page top