都立小石川中の過去問

都立小石川中の過去問チェック

令和3年度入試での都立小石川中の適性検査は【1】から【3】まで下記の内容で実施されました。

 

試験時間満点共同/独自内容
適性検査【1】45分200点共同読解問題
適性検査【2】45分200点共同+独自総合問題
適性検査【3】45分200点独自総合問題

満点…総合成績換算時(800点満点)の点数(適性検査以外には内申点が200点)。
共同/独自…共同は都立中の共同作成問題、独自は小石川中の独自作成問題。

 

小石川中の過去問(適性検査【1】読解問題)

適性検査【1】は都立中共同作成問題となっています。
問題形式は過去3年とも、2つの文章を読んで、記述で答えるパターンとなっています。

 

小石川中の過去問(令和3年度 適性検査【1】)

出典…「出会い」の不思議(河合隼雄)、となりの脳世界(村田沙耶香)
設問(1)…5字以上10字以内で抜き出し
設問(2)…15字以上20字以内で説明
設問(3)…400字以上440字以内で書きなさい

 

小石川中の過去問(令和2年度 適性検査【1】)

出典…愛なき世界(三浦しをん)、世界を、こんなふうに見てごらん(日高敏孝)
設問(1)…45字程度でまとめなさい
設問(2)…40字程度で答えなさい
設問(3)…400字以上440字以内で書きなさい

 

小石川中の過去問(平成31年度 適性検査【1】)

出典…科学の本のつくりかた(かこさとし、林公代)、「地球」解説(かこさとし)
設問(1)…24字以上35字以内で答えなさい
設問(2)…24字以上35字以内で答えなさい
設問(3)…400字以上440字以内で書きなさい

 

出題される文章は文字数が多く、記述回答も設問(3)で400字以上が求められるので、45分のテスト時間で回答するスピードが必要となります。

 

小石川中向けで必要な受験勉強

適性検査はいずれも予想問題が立てにくいのが特徴です。
これは、単なる知識を問うのではなく、考える力や応用力を測る問題となっているからです。

 

そのため、受験勉強で必要なのは記述力をつけること。
記述力(自分の考えをまとめ記述する力)はどんな問題でも発揮できます。

 

つまり、記述力がある児童は、どんな問題が出題されてもある程度の得点が取れるようになっているのが両国中の適性検査問題です。(他の都立中高一貫校にもあてはまります。)

 

このため、記述力をアップさせる勉強を優先させることが必要です。
記述対策で大切なのは適切な添削です。自分で問題を解いているだけでは、改善点がわからないですし、塾の先生でも指導に慣れていないことがあります。

 

その点、「赤ペン先生」ノウハウがある進研ゼミは信頼できます。
ぜひ、チェックしてみてください。 ⇒ 【進研ゼミ小学講座】

page top