両国中(都立中)の受験対策情報

都立両国中を受験するなら知っておきたいこと

都立両国中学校の募集要項(2021年4月入学)が公表されています。

 

両国中入試(適性検査)一般枠スケジュール

出願受付令和3年1月12日(火)から1月18日(月)まで(郵送必着)
適性検査日令和3年2月3日(木)
合格発表令和3年2月9日(火)午前9時

 

両国中適性検査日の時間割(一般枠)
集合午前 8時30分
第1時限午前 9時00分〜午前 9時45分45分適性検査【1】
第2時限午前10時25分〜午前11時10分45分適性検査【2】
第3時限午前11時50分〜午後 0時20分30分適性検査【3】

昨年までよりも、検査のあいだの時間が長くなっています。
このため、終了時刻も午後0時20分に変更されています。

 

両国中の適性検査内容(一般枠)
  • 【1】共同作成問題…文章を読み取る力や、自分の意見を文章で分かりやすく表現する力をみる。
  • 【2】共同作成問題…資料から情報を読み取り、課題に対して思考・判断する力、論理的に考察する力、的確に表現する力などをみる。
  • 【3】独自問題…課題に対して科学的・数理的な分析を行い、総合的に考察し、判断・解決する力をみる。

共同作成問題とは、都立中高一貫校10校で共通の問題のこと。
独自問題とは、両国中独自で作成した問題のこと。

 

両国中合格判定基準(一般枠)

内申点と適性検査の合計1000点満点で合否判定が行われます。

内申点適性検査【1】適性検査【2】適性検査【3】
200点300点200点300点

 

適性検査は【1】から【3】まで100点満点で採点が行われ、総合判定用に【1】と【3】は得点を3倍、【2】は2倍して換算されます。

 

両国中学の最新受験(受検)倍率

令和2年度(2020年度)の両国中学校の一般枠受験(受検)倍率は、男子6.30倍と前年度(6.50倍)から低下したのに対し、女子7.22倍と前年度(6.55倍)から上昇しました。

 

女子の7.22倍は白鴎中の7.33倍について都立中(女子枠)の中で2番目に高い数字です。

 

両国中男子倍率
年度募集人数受検人数受検倍率
令和2年60名378名6.30倍
平成31年60名390名6.50倍
平成30年60名349名5.82倍
平成29年60名367名6.12倍
平成28年60名484名8.07倍
平成27年60名501名8.35倍
平成26年60名502名8.37倍
平成25年60名444名7.40倍
平成24年60名443名7.38倍

 

両国中女子倍率
年度募集人数受検人数受検倍率
令和2年60名433名7.22倍
平成31年60名393名6.55倍
平成30年60名387名6.45倍
平成29年60名415名6.92倍
平成28年60名487名8.12倍
平成27年60名497名8.28倍
平成26年60名545名9.08倍
平成25年60名498名8.30倍
平成24年60名441名7.35倍

(データ出所:東京都教育委員会)

 

適性検査に役立つ「考える力」を育てるカリキュラムが評判

都立中の適性検査は、私立中の入学試験よりも自らの頭で「考える力」が問われます。プログラミングを通して、自ら工夫し、試行錯誤する体験をすることをオススメします。

 

ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」

 

【参考】平成31年(2019年)の適性検査内容分析

2019年2月に行われた適性検査は下記のような内容でした。

適性検査(1)都立中共通問題(45分)

国語の読解問題に近い形式。2つの文章「科学の本のつくりかた(かこさとし)」「地球(かこさとし解説)」を読んで記述式で回答するもの。

 

記述は24字〜35字での文章からの抽出と、400字以上440字以内で回答する問題。

 

適性検査(2)都立中共通問題(45分)

総合問題形式でパズルのような問題やグラフを読み取る問題あり。問題文だけで17ページもあるため、文章を読み、問われていることを理解するスピードが求められます。

 

適性検査(3)両国中独自問題(30分)

30分と試験時間は短いが、問題は6ページ分しかなく、適性検査(2)よりは時間に追われることはありません。

 

両国中の部活動

両国中では下記の部活動が行われています。

  • 運動部 … サッカー、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、男子ソフトボール、硬式テニス、卓球、水泳
  • 文化部 … 管弦楽、演劇、美術、コンピュータ、茶華道、家庭科、理科

 

両国中学へのアクセス(場所)

  • 【住所】墨田区江東橋1−7−14
  • 錦糸町駅(JR総武線、横須賀線、東京メトロ半蔵門線)から徒歩5分
  • 住吉駅(東京メトロ新宿線)から徒歩10分
  • 菊川駅(東京メトロ新宿線)から徒歩10分

集団塾と違って入塾するタイミングを問われないのが個別指導塾

個別指導塾のメリットのひとつに、いつからでも入塾できるということがあります。カリキュラムに沿って進む集団塾では、入塾するタイミングが遅れると、授業に追いつくまでに苦労します。場合によっては、そこで、自信を失ってしまうこともあります。

 

個別指導塾であれば、こうした心配が不要です。そのときの学力と目標に応じて、一人ひとりにあわせたカリキュラムを作成してくれ、学習をスタートできるからです。

 

最近は中学受験に対応した個別指導塾も増えています。
下記の個別指導塾スタンダードは、都立中の適性検査にあわせた対策もしてもらえます。

 

詳しくは下記からチェックしてみてください。
【個別指導塾スタンダード】

 

page top