練馬区での中学校選び

練馬区での中学校選び

練馬区の公立中学校一覧

練馬区には公立中学校が全部で34校あります。
内訳は都立中高一貫校が1校(大泉中)、区立中が33校です。

 

練馬区の中学校選択制度

練馬区では平成17年度から区立中学校の学校選択制度を導入しています。これは住所により定められた通学区域の指定校以外の中学校に通うことも出来るというものです。

 

ただし、通学区域外からの受け入れ可能生徒数には中学校ごとに上限がありますので、希望者すべてが通えるとは限りません。希望者が多かった場合は抽選となります。

 

希望できるのは第1希望のみで第2希望は受け付けていません。また、指定校以外を希望する場合は入学前に手続きをする必要があり、入学後の転校はできません。

 

区立中学校では自転車通学は禁止されているので、徒歩または公共交通機関(電車、バス)で通学可能な学校を選ぶ必要があります。

 

練馬区で人気の公立中学校

令和2年度入学では、下記の学校で区域外からの入学希望が多く抽選が行われました。

学校名 受入可能人数 希望人数 倍率
大泉 20人 97人 4.85
開進第二 40人 130人 3.25
石神井西 20人 56人 2.80
石神井 40人 109人 2.73
光が丘第一 40人 90人 2.25
光が丘第二 40人 61人 1.49
谷原 30人 44人 1.47

 

 

練馬区の公立中学校住所一覧
種別 中学校名 住所 生徒数 学級数
都立中(中高一貫) 大泉高等学校附属中学校 東大泉5−3−1 359 9
区立中(小中一貫) 大泉桜学園 大泉学園町9丁目2番1号 227 7
区立中 旭丘中学校 旭丘2丁目40番1号 149 6
開進第一中学校 早宮1丁目16番50号 467 13
開進第二中学校 練馬2丁目27番28号 375 11
開進第三中学校 桜台3丁目28番1号 345 11
開進第四中学校 羽沢3丁目24番1号 387 12
貫井中学校 貫井2丁目14番13号 373 12
関中学校 関町北4丁目34番23号 492 14
光が丘第一中学校 光が丘6丁目5番1号 248 9
光が丘第二中学校 光が丘7丁目1番1号 265 9
光が丘第三中学校 光が丘3丁目2番1号 385 11
三原台中学校 三原台3丁目13番41号 528 15
上石神井中学校 上石神井4丁目15番27号 352 10
石神井西中学校 関町南3丁目10番3号 666 17
石神井中学校 石神井台1丁目32番1号 615 18
石神井東中学校 高野台1丁目8番34号 516 14
石神井南中学校 下石神井2丁目7番23号 353 11
大泉学園中学校 大泉学園町4丁目17番32号 488 13
大泉西中学校 西大泉3丁目19番27号 471 13
大泉第二中学校 東大泉6丁目21番1号 487 14
大泉中学校 東大泉4丁目27番35号 728 20
大泉北中学校 大泉町5丁目4番32号 405 12
谷原中学校 谷原4丁目10番5号 441 13
中村中学校 中村南1丁目32番21号 499 14
田柄中学校 田柄3丁目3番1号 443 13
南が丘中学校 南田中4丁目8番23号 273 9
八坂中学校 土支田4丁目47番21号 229 7
豊玉中学校 豊玉南2丁目1番20号 268 9
豊玉第二中学校 豊玉北2丁目24番5号 183 6
豊渓中学校 旭町3丁目5番10号 122 4
北町中学校 北町3丁目1番34号 320 9
練馬中学校 高松1丁目24番1号 417 12
練馬東中学校 春日町2丁目14番22号 381 11

生徒数・学級数は令和元年5月1日現在の通常学級でのもの(データ出所「練馬区ホームページ」)


都立中対策に必須の勉強法
読解問題で必要な「記述力」を添削で磨く
都立中の適性検査では、400字程度の記述を求められる読解問題が出題されます。適性検査は学校により2科目か3科目となりますが、そのうちの1科目はこの読解問題です。記述は配点も高く、ここが合否を大きくわけます。 記述対策は塾での勉強だけではなかなか身につきません。実際に「自分で書いて、添削してもらう」。ここが重要です。この添削に関しては、通信講座にノウハウ(定期的に書かせる仕組みも含め)があります。記述力はすぐに身につくわけではありません。都立中を受検するのであれば、早めのスタートをオススメします。
赤ペン先生のノウハウが強み ⇒ 【進研ゼミ小学講座】