都立中高一貫校の適性検査対策

都立中高一貫校の適性検査対策(1)家庭での読書

都立中高一貫校の適性検査では国語の読解問題に似たものが数多く出題されます。

 

適性検査(1)と適性検査(2)といったように、2種類の検査がある中学では、そのどちらかをすべて文章読解問題としているところもあります。

 

これは都立中高一貫校が知識よりも思考力や判断力を重視する選考を行っているためです。

 

この種の適性検査対策として必要なのは読書です。
王道の勉強法ですが、こうした家庭環境で差がつくものなので注意しなければなりません。

 

子どもが読書好きになるかは家庭環境による

「本を読みなさい」といくら言っても読まない子は本を読みません。逆に本を読む子は、誰も何も言わなくても自然と本を読んでいます。

 

では、子どもが本を読むか読まないかは生まれつきの性格によるものなのかというと、そうではありません。家が読書する雰囲気にあるかということが大事です。

 

子どもが自然に読書する家庭とは

中学受験生にとって親や兄弟など周りの人が与える影響は大きいものです。直接的な言葉で伝えなくても、自然と影響を受けているものです。

  • 親や兄弟が本を読む習慣がある
  • 子どもの勉強部屋以外にも自宅に本がある
  • 話題になっていることについて親子で会話がある

こうした家庭の子は自然と本を読みます。

 

子どもが本好きになる一番良い方法は、親が本を読んでいる姿を子供に見せることです。
あくまで親の自分が好きな本で構いません。

 

あとは、自宅のリビングなど目につくところに本を置いておけばOK。
本を読むのが自然なことと思えば、子どもも自分の興味のある本を読むようになります。

 

世間で話題になっていることを親子で話す習慣があれば、それに関した本を自分で見つけて読むようにもなります。こうして読書好きにさせる雰囲気を家庭内に作ることが適性検査対策です。

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ