東京都立中高一貫校の適性検査問題対策

都立中高一貫校の記述問題対策

都立中高一貫校の適性検査では記述問題が大きなウェートを占めています。

 

ほとんどの中学では適性検査は(1)と(2)に分かれていて、どちらかが国語に相当するもので、もうひとつが算数、社会、理科など総合的な問題です。

 

この国語に相当するほうの適性検査は、ほとんどが記述問題です。
文章を読んで自分の考えを述べるという作文に近いものが多くなっています。

 

適性問題は(1)と(2)の両方を受けなければならないので、記述対策がどうしても避けられないのが中高一貫校入試です。

 

私立中学とは異なる記述問題対策

都立中高一貫校の適性検査は私立中学の入学試験とは性格が異なります。

 

入学試験ではなく適性検査と言っていることから、その時点での学力を測るものではなく、
入学後に学力が伸びる適性のある子どもを選抜しようとするものです。

 

これを見極めるのが記述問題です。
そのため、私立中入試では受けのいい「欠点のないまとまった」文章が良いとは限りません

 

都立中高一貫校ならではの傾向というものもあります。
塾でここまでフォローされていれば問題ありませんが、そうでなければ下記が参考になります。

 

記述問題は一定の実力をあれば当日の出来不出来が小さくなるものです。
どんな問題が出ても、ある程度の得点が計算できるのは大きなメリットです。

 

早めに記述対策をしておくことをオススメします。

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ