両国中適性検査の内容と内申点の計算方法

両国中適性検査の内容と内申点の計算方法

都立両国中学校の適性検査、内申点の計算方法に関する情報(一般枠2019年4月入学者向け)を掲載しています。

 

両国中適性検査スケジュール(一般枠)

出願受付平成31年1月10日(木)から1月16日(水)まで(郵送必着)
適性検査日平成31年2月3日(日)
合格発表平成31年2月9日(土)午前9時

 

両国中適性検査日の時間割(一般枠)

集合午前 8時30分
第1時限午前 9時00分〜午前 9時45分45分適性検査【1】
第2時限午前10時15分〜午前11時00分45分適性検査【2】
第3時限午前11時30分〜午後 0時00分30分適性検査【3】

試験のあいだの休憩は30分。
お昼前にはすべて終了します。

 

両国中の適性検査内容(一般枠)

  • 【1】共同作成問題…文章を読み取る力や、自分の意見を文章で分かりやすく表現する力をみる。
  • 【2】共同作成問題…資料から情報を読み取り、課題に対して思考・判断する力、論理的に考察する力、的確に表現する力などをみる。
  • 【3】独自問題…課題に対して科学的・数理的な分析を行い、総合的に考察し、判断・解決する力をみる。

共同作成問題とは、都立中高一貫校10校で共通の問題のこと。
独自問題とは、両国中独自で作成した問題のこと。

 

両国中適性検査と内申点の割合(一般枠)

内申点適性検査【1】適性検査【2】適性検査【3】
200点300点200点300点

合計で1000点満点で合否判定が行われます。

 

適性検査は【1】から【3】まで100点満点で採点が行われ、総合判定用に【1】と【3】は得点を3倍、【2】は2倍して換算されます。

 

両国中内申点(報告書)の計算方法

都立中の内申点は小学校5年生6年生のときの成績(通知表の評定)をもとに計算されます。両国中では下記の方法で計算を行います。

 

教科5年評定6年評定
国語5535455354
社会5535455354
算数5535455354
理科5535455354
音楽4525445254
図工4525445254
家庭4525445254
体育4525445254
合計400400
満点800

両国中では、わずかですが四教科(国語、算数、理科、社会)の内申点の割合が実技教科(音楽、図工、家庭、体育)よりも高くなっています。

 

英語(外国語)道徳の成績は内申点の対象になりません。
合否判定の際は上記の800点満点で算出したものを200点満点に換算して行います。

 

都立中受検向けオススメ! 適性検査の総合問題対策に役立つ動画授業
適性検査の総合問題は算数、理科、社会から出題されます。このため対策としては各教科をまんべんなく勉強しておくことが必要です。

 

特に塾では後回しになりがちな理科や社会が要注意!下記の動画授業を一通り確認しておくことをオススメします。

 

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ