都立中高一貫校の適性検査問題分析

桜修館中の過去問分析(平成26年入試)

選抜方法(一般枠)の概要

桜修館中学の入学試験では適性検査(45分)と作文(45分)が行われ、これに報告書(小学校の成績)を加えた総合点で合格判定が行われます。

 

都立の中高一貫校は適性検査を2つ(45分+45分)行う中学が多いのですが、桜修館中の場合は1つだけで、ほかに作文があるのが特徴となっています。

 

総合点は1000点満点で、適性検査が500点、作文が200点、報告書が300点です。

 

試験区分試験時間配点内容
適性検査45分500点大問2問、小問9問で構成
作文45分200点500字以上600字以内
報告書300点小学校での成績

 

適性検査、作文の詳細

適性検査の大問(1)は資料を読み取る問題。
地球儀上の長さから実際の2地点間の距離を求める問題などが出題された。

 

大問(2)は算数の文章題に近いもの。
バスケットボール大会での試合の組み合わせやチームの得点を求めるもの。

 

作文は問題用紙に印刷されている写真を見て考えたことを500字以上600字以内で書く。

 

問題は提示される資料が多く、問題文も長いことが特徴。このため、資料や問題文を読み込むのに時間がかかると、45分では回答しきれなくなる可能性あり。

 

受検対策としては、普段から資料や図を読み取る力をつけておくことが必要となります。

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ