都立中高一貫校の適性検査問題分析

武蔵中の過去問分析(平成26年入試)

選抜方法(一般枠)の概要

都立武蔵高等学校附属中学校の入学試験では適性検査【1】【2】【3】(各45分)が行われ、これに報告書(小学校の成績)を加えた総合点で合格判定が行われます。

 

都立の中高一貫校では適性検査が2種類のところが多く、3種類も行ったのは武蔵中と小石川中だけでした。(平成26年分)

 

総合点は1600点満点で、適性検査【1】【2】【3】が各400点、報告書が400点となっています。

 

試験区分試験時間配点内容
適性検査【1】45分400点大問1問、小問4問で構成
適性検査【2】45分400点大問2問、小問5問で構成
適性検査【3】45分400点大問2問、小問7問で構成
報告書400点小学校での成績

 

適性検査【1】の詳細

国語の読解問題に近いもので出典は下記の3つ

  • 保坂弘司「玉勝間・花月草紙ほか」
  • 菅野雅雄「近世散文集評論 玉勝間」
  • 加藤秀俊「独学のすすめ」

口語訳つきながら古文(本居宣長「玉勝間」)が出題された
記述は360字以上400字以内で自分の考えを記す問題あり

 

適性検査【2】の詳細

理科や社会に関する資料を読み取り考える問題
風向きと地形に関する問題などが出題
父と子、生徒と先生の会話文が問題の最初にある

 

適性検査【3】の詳細

算数と理科の文章題に近いもの
図形に関する問題などが出題されている

 

武蔵中は適性検査が3種類もあり、ひとつひとつの試験も問題文の量が多いのが特徴です。

 

このため、長文を読むことが苦手な子の場合は問題が理解できずに良い得点が取れない恐れがあります。受検対策としては、長い文章を読んで、問題をしっかりとらえる力をつけておくことが必要です。

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ