都立中高一貫校の適性検査問題分析

三鷹中の過去問分析(平成26年入試)

選抜方法(一般枠)の概要

都立三鷹中学の入学試験では適性検査【1】(45分)と【2】(45分)が行われ、これに報告書(小学校の成績)を加えた総合点で合格判定が行われます。

 

適性検査が2種類あるというのは、都立の中高一貫校の中では最も多いタイプの選抜方法です。

 

総合点は1000点満点で、適性検査【1】が500点、【2】が300点、報告書が200点となっています。

 

試験区分試験時間配点内容
適性検査【1】45分500点大問4問、小問9問で構成
適性検査【2】45分300点大問2問、小問4問で構成
報告書200点小学校での成績

 

適性検査【1】の詳細

身近な話題に関する資料を読み取り、論理的に思考する問題。
理科、社会の文章題に近いものと算数の図形問題。
題材となったものは「魚の卵の数」「明治から大正初期の繊維産業や貿易」「碁石を使った方位の表し方」など。

 

適性検査【2】の詳細

2つの文章を読んで設問に答える国語の読解問題に近いもの。
文章の出典は『升井純子「行ってきまぁす!」』と『長友佑都「上昇志向 幸せを感じるために大切なこと」』。

 

設問はすべて記述で回答する形式になっています。

  • 本文から40字以内で抜き出し
  • 180字以上200字以内で自分の考えを記述
  • 45文字以上55字以内で理由を記述
  • 180字以上200字以内で自分の考えを記述

 

試験問題はオーソドックスなものが多いので、資料を読み取り論理的に考える勉強や、自分の考えをまとめて記述する勉強をしておくことが必要です。

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ