東京都立中高一貫校の適性検査問題分析

富士附属中(都立中高一貫校)の平成27年適性検査問題分析

平成27年の富士附属中(都立中高一貫校)適性検査実施概要

都立富士中の入学試験は3種類の適性検査と調査書(小学校5、6年のときの成績)の総合点で行われます。総合点は1000点満点。調査書が200点で残りの800点適性検査となっています。

 

適性検査は全部で3つあり、内容と配点は次のようになっています。

  • 適性検査(1)200点…国語の読解問題。
  • 適性検査(2)400点…資料の読み取りなど各教科の総合問題。
  • 適性検査(3)200点…解決する力をみる問題。

適性検査(1)と(2)がそれぞれ45分ずつで、適性検査(3)は30分です。

 

富士中の適性検査【1】問題(平成27年入試)
  • 2つの文章を読んで、3つの問題に答える
  • 回答はすべて記述(400字以上440字以内が最大)
  • 出典は、理科系の作文技術(木下是雄著)とメッセージのメッセージ(養老孟司著)

適性検査【1】は国語の読解問題に近いものです。

 

ただし、回答がすべて記述。自分の考えをまとめて書く力などが試される問題となっています。これは都立中高一貫校に共通した特徴です。

 

記述するときの「きまり」が指定されているので、これに従って書くことを忘れてはいけません。
出題パターンは変わっていないので、記述力の差がそのまま得点差になる試験です。

 

富士中の適性検査【2】問題(平成27年入試)
  • 社会、理科、算数などの力が試される総合問題
  • 会話文や資料(図、グラフ)を読み取って回答する
  • 回答は記述中心

会話文やグラフなどを読み取って答えるタイプの問題です。
問題量が多いので、すばやく正確に読み取る力が問われます。

 

また、「説明しなさい」など記述で回答しなければならない問題が多いので、ここでも記述力(自分の考えを適切な文字数でまとめる力)が求められています。

 

富士中の適性検査【3】問題(平成27年入試)
  • 筋道を立てて、順番に考える力が試される問題
  • パズル的な能力が試される問題

これは富士中の独自問題です。

 

スポーツ大会でのリーグ戦での勝敗について問うものなど4教科(国語、算数、理科、社会)とは別にものごとを筋道を立てて考える力を問う問題となっています。

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ