東京都立中高一貫校の適性検査問題分析

都立中高一貫校の適性検査問題分析

東京都にある公立の中高一貫校の適性検査でどのような問題が出題されたのかを過去問をもとに分析しています。

 

適性検査は私立中入試の科目別問題とは傾向が異なります。
都立中高一貫校を目指している人は参考にしてみてください。

 

白鴎中の適性検査過去問分析(平成27年)

白鴎高等学校附属中学校(東京都立中高一貫校)のホームページに公開されている平成27年度入学者向けの適性検査サンプル問題を分析してみました。

 

サンプル問題はは適性検査(1)(2)とも2パターンずつ公開されています。
適性検査(1)が科目でいうと国語、(2)が総合問題という構成です。

 

国語の読解問題に近い適性検査(1)は「400字程度で書きなさい」といったように、解答には記述力が求められます。サンプル問題は2パターン(例1と例2)が公開されていますが、問題構成はどちらも同じ。

 

続きはコチラ

両国中の適性検査過去問分析(平成27年)

適性検査は私立中学で行われている科目別の試験とは異なるのですが、適性検査(1)国語の問題と考えれば間違いありません。

 

ただし、漢字の書き取り問題はなく小問が5つだけ。

 

最後の問題は2つの条件を満たしながら、指定された字数(350字以上400字以内)で自分の考えを記述する問題となっています。

 

続きはコチラ

富士中の適性検査過去問分析(平成27年)

都立富士中の入学試験は3種類の適性検査と調査書(小学校5、6年のときの成績)の総合点で行われます。総合点は1000点満点。調査書が200点で残りの800点適性検査となっています。

 

適性検査は全部で3つあり、内容と配点は次のようになっています。

 

続きはコチラ

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ