都立中高一貫校を目指すなら知っておきたいこと

都立中高一貫校対策のためのオリジナル問題(1)

次の資料は日本列島の姿についてまとめたものです。資料を参考に下記の設問に答えなさい。

 

【資料】日本列島の姿
地域日本の総面積に占める割合構成島数
全国100.0%6,852
北海道( A )509
本州61.1%3194
四国5.0%626
九州( B )2160
沖縄0.6%363

(総務省統計局「日本の統計2014」をもとに作成)

 

【設問】

(A)(B)に入る数字の組み合わせとして正しいものを選択肢ア〜エの中から選びなさい。

  • ア … (A)11.9%、(B)15.3%
  • イ … (A)15.1%、(B)18.2%
  • ウ … (A)18.8%、(B)12.0%
  • エ … (A)22.1%、(B)11.2%

正解と解説

【解き方】

この問題を解くために必要なのは「資料を読み取る能力」と「地理に関する知識」です。
資料の読み取りと知識で解く問題は都立中高一貫校の適性検査では良く見られます。

 

まず最初に、資料から(A)と(B)を足したものがいくつになるかを求めます。全国の100%から本州、四国、沖縄を引いたものが北海道(A)と九州(B)を足した数字になります。

 

100%−61.1%−5.0%−0.6% = 33.3%
これで、(A)+(B)が、33.3%だということが分かります。

 

選択肢アからエの中で(A)+(B)が33.3%になっているものを探します。

  • ア … (A)11.9%、(B)15.3% → (A)+(B) = 27.2%
  • イ … (A)15.1%、(B)18.2% → (A)+(B) = 33.3%
  • ウ … (A)18.8%、(B)12.0% → (A)+(B) = 30.8%
  • エ … (A)22.1%、(B)11.2% → (A)+(B) = 33.3%

 

候補が2つ残ります。

  • イ … (A)15.1%、(B)18.2% → (A)+(B) = 33.3%
  • エ … (A)22.1%、(B)11.2% → (A)+(B) = 33.3%

 

あとは「北海道と九州のどちらが大きいか?」という日本地理の知識です。
北海道(A)のほうが九州(B)よりも大きいので、「エ」が正解になります。

 

資料にある「構成島数」は、この設問を解くには関係ありません。関係あるデータだけを見つけて正解を導くという能力も都立中高一貫校の適性検査では問われるので注意しましょう。

 

【正解】
  • エ … (A)22.1%、(B)11.2%

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ