都立中高一貫校の受験関連ニュース

東京でインフルが流行入り(中学受験生は要注意)

今年(2014年)は東京都では例年よりも早くインフルエンザが流行り出しています。
東京都の発表ですと、11月中にインフルが流行したしたのは7年ぶりとのこと。

 

すでに小学校での学級閉鎖も出始めています。
都立中高一貫校だけでなく、中学受験生はこれからが大事な時期です。

 

インフルエンザにならないように十分に注意する必要があります。
忘れがちなポイントをまとめましたので、チェックしてみてください。

 

基本は手洗い、うがい

インフルエンザの予防法で大事なのは手洗いとうがい。
簡単なことですが、徹底しているかいないかで大きな差が出ます。

 

家に帰ってきたら、まず、手洗いとうがい。
受験生ははならず習慣にしましょう。

 

また、手洗い用に薬用の石鹸も用意しておきましょう。

 

手洗い、うがい以外のインフル予防策

手洗い、うがいを習慣にするだけでもかなりのインフル予防になりますが、中学受験生ならほかにも気をつけたいことがあります。

 

それは、人からうつされないようにするということ。
インフルが流行っているということは、それだけうつされる可能性が高いということです。

 

できるだけ人込みを避けるぐらいの慎重さが受験生には必要です。年末年始は出かけることも多いかもしれませんが、人込みに行くのは必要最小限に抑えましょう。

 

このときに気をつけたいのが冬期講習。
最後の追い込みだけにインフルでも無理して来ている生徒がいるかもしれません。

 

うつされないようにするためにはマスク着用は欠かせません。
冬期講習の思わぬ落とし穴ですので気をつけましょう。

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ