都立中高一貫校を目指すなら知っておきたいこと

都立中高一貫校の受験関連ニュース

東京都にある公立の中高一貫校の受験(受検)に関する情報を掲載しています。
知っているかいないかで有利不利が変わることもあるので、チェックしておいてください。

 

都立中高一貫校の募集要項一覧(平成28年度)

平成28年度の都立中高一貫校募集要項が各中学校から発表されています。

 

平成28年(2016年)4月に入学する生徒に対してのものになります。試験(適性検査)を受けるのは平成27年度の2月(2016年2月)です。

 

ポイントをまとめましたので受験を考えている人は参考にしてみてください。

 

続きはコチラ

都立中高一貫校の応募倍率一覧(平成28年度)

平成28年度入試(一般枠適性検査日2016年2月3日)分の都立中高一貫校の応募倍率状況が東京都教育委員会から発表されました。

 

全体的に応募倍率は前年よりも低下しています。
全校合計では前年の6.52倍に対し、今年は6.34倍。

 

ただし、小石川中など一部の学校では上がっています。

 

続きはコチラ

都立中高一貫校の合同説明会開催情報(平成27年)

都立中高一貫校の合同説明会(公立中高一貫校を知る会)が平成27年4月25日(土)に千代田区立九段中等教育学校で行われます。

 

対象は平成27年度の小学校5年生、6年生の児童と保護者。
保護者のみでの参加は可能ですが、児童のみでの参加は不可です。

 

参加するのは都立中高一貫校4校と区立中高一貫校1校。

  • 都立白鴎高等学校附属中学校
  • 都立両国高等学校附属中学校
  • 都立小石川中等教育学校
  • 都立桜修館中等教育学校
  • 区立九段中等教育学校

 

続きはコチラ

都立中高一貫校の受験関連ニュース記事一覧

都立中高一貫校の入学試験は私立中とは異なります。一般的な私立中が国語、算数、理科、社会の科目別に入学試験を行うのに対し、都立中高一貫校では適性検査というものを行います。適性検査とは、科目別の試験とは異なり総合的な学習の力を問うもので、作文に近い記述問題や資料を読み取って自分の考えをまとめる問題などが出題されます。このため試験対策も私立中とは別の勉強が必要となります。夏期講習でも都立中高一貫校向けと...

タイミングの悪いことに中学入試の時期とインフルエンザが流行する時期は重なってしまっています。インフルになってしまえば、これまで勉強してきたことがすべて無駄に。実力で合格できなかったよりも悔いの残る結果になってしまいます。そうならないためにインフルの予防接種を受ける受験生も増えています。そこで、都立中高一貫校の入試日(平成28年2月3日(水))から逆算した予防摂取を受けておく時期について調べてみまし...

小学校から高校まで同じ学校で学ぶ都立の小中高一貫教育校の設置計画があるそうです。平成27年11月26日に東京都教育委員会から公式に発表されたものがありますので、現時点でどこまで決まっているのかについてまとめました。まだ先のことのようですが参考にしてみてください。開校予定は平成34年4月都立小中高一貫教育校の開校予定は平成34年4月です。これは平成27年度(平成27年4月から平成28年3月)に生まれ...

都立中高一貫校の入学試験では私立中学と違って適性検査と呼ばれるものが実施されます。この適性検査対策として行われているのが「都立中そっくり模試(早稲田進学会)」です。都立中そっくり模試とは都立中の適性検査の問題形式はパターン化されています。そのパターンに沿った問題で行うのが「都立中そっくり模試」です。ただし、都立中の適性検査には共通問題と各校オリジナル問題と呼ばれる問題があります。共通問題は都立中(...

PR

page top