東京都の公立中高一貫校に関する情報サイト

都立中高一貫校受験には内申書がどのくらい影響するか

東京都立の中高一貫校受験は、いわゆる入学試験と小学校のときの成績(内申書)で入学者が選抜されます。一部の中学ではこれに作文も加わります。

 

入学試験は、通常の中学入試とは異なり「適性検査」と呼ばれますが、希望者が一斉に試験を受けるという形式は同じです。

 

ただし、国語、算数、理科、社会という科目別ではなく、適性検査1、適性検査2といった科目になります。詳しくは「都立中高一貫校の適性検査問題分析」ページをご覧ください。

 

内申書の割合は20%から30%

都立中高一貫校の合格判定に占める内申書の割合は学校により異なります。
平成26年度入試では、20%から30%でした。

 

30%と最も割合が高いのは、白鴎附属中学校と桜修館中等校の2校。
25%が、武蔵附属中学校と小石川中等校で、残りの6校は20%でした。

 

都立中高一貫校の合格判定基準(平成26年)
学校名総合点満点内申書の点数内申書の割合適性検査などの点数

白鴎高等学校附属中学校

1000点300点30%700点

桜修館中等教育学校

1000点300点30%700点

武蔵高等学校附属中学校

1600点400点25%1200点

小石川中等教育学校

800点200点25%600点

両国高等学校附属中学校

1000点200点20%800点

富士高等学校附属中学校

1000点200点20%800点

大泉高等学校附属中学校

1000点200点20%800点

南多摩中等教育学校

1000点200点20%800点

立川国際中等教育学校

1000点200点20%800点

三鷹中等教育学校

1000点200点20%800点

入試の資料では内申書のことは報告書という記述になっています。

 

内申書の成績は小学5年生分から

ひとつ注意しなければならないのは、都立中高一貫校入試で合否判定に用いられる内申書の成績は小学校5年生と6年生のときの成績だということです。

 

6年生の成績だけではありません!
内申書の点数を上げるには5年生のうちから、しっかり勉強する必要があります。

 

都立中高一貫校の内申対策に使える

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

  • 使用している教科書にあわせた教材だから内申対策に最適
  • 学力に応じて標準クラス、発展クラスで学べる
  • 「みまもるトーク」で家族から応援

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ