都立中高一貫校を目指すなら知っておきたいこと

自宅で出来る都立中高一貫校入試対策(3)ニュースで勉強

中学入試では時事問題に関連したものが出題される傾向にあります。

 

入試科目に時事問題という科目はないのですが、社会などでニュースになったことと関連したものが出題されることがよくあります。

 

時事問題に関連したものは生きた知識として都立中高一貫校の適性検査でも出題されることが多いものです。自宅でもニュースなどをもとに勉強する習慣が必要です。

 

家で会話にニュースの話題も取り入れる

自宅で出来る入試対策となるのが親子の会話にニュースの話題を取り入れることです。食後にテレビのニュースを一緒に見ているときなどに話題にしてみましょう。

 

ポイントは政治的な見解を話すのではなく、「なぜ、なに」の視点を中心にすることです。「なぜ話題となっているのか」「何が問題となっているのか」。

 

ニュースの背景を考えることで思考力や論理的な思考を鍛えることができます。こうした力が適性検査では問われます。

 

ニュースを集中してみるコツ

ただ漠然とニュースを見ていても勉強にはなりません。特にテレビは受け身の情報となってしまうだけに、見終わった後に何も覚えていないことにもなりかねません。

 

こうしたことを避けるためには、ニュースを見終わった後に親子でニュースの内容についてのクイズを出し合うことが効果的です。

 

クイズというのは簡単な時事問題のようなものです。ニュースに出てきた数字でも地域名でも良いので、それを覚えているかを確認するような問題にします。

 

クイズに答えられるかというよりも、クイズを作るということでニュースを集中して見るようになります。ぜひ、試してみてください。

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ