都立中高一貫校の受験倍率推移と平成28年募集人数

都立中高一貫校の受験倍率推移

都立中高一貫校の受験倍率の推移を男女別にまとめてみました。

 

平成28年入試では男子で4.29倍(立川国際中)から8.07倍(両国中)、女子で4.30倍(武蔵中)から8.12倍(両国中)と学校によりかなり差がありました。

 

全体としては倍率は低下傾向にありますが、一部の学校では前年よりも倍率が上がっています。
過去5年分をまとめましたので参考にしてみてください。

 

【男子】都立中高一貫校の受験倍率推移
学校名平成28年平成27年平成26年平成25年平成24年
白鴎中4.84倍5.49倍6.27倍6.84倍6.20倍
両国中8.07倍8.35倍8.37倍7.40倍7.38倍
富士中4.73倍4.62倍5.33倍5.78倍5.58倍
大泉中6.13倍6.23倍6.98倍8.10倍7.13倍
武蔵中5.10倍5.30倍5.03倍5.92倍6.03倍
小石川中6.31倍6.01倍6.83倍6.29倍7.28倍
桜修館中5.69倍5.78倍7.51倍7.74倍5.73倍
南多摩中4.84倍4.83倍5.51倍6.45倍6.56倍
立川国際中4.29倍5.08倍5.28倍5.32倍4.31倍
三鷹中6.40倍7.00倍7.41倍7.39倍6.81倍
(全校)5.63倍5.86倍6.48倍6.74倍6.32倍
  • 赤字は倍率が高かった上位3校

男子で平成28年に前年から倍率がアップしたのは小石川中、富士中、南多摩中の3校。これにより小石川中は男子の中で3番目に倍率が高い中学となりました。

 

【女子】都立中高一貫校の受験倍率推移
学校名平成28年平成27年平成26年平成25年平成24年
白鴎中8.06倍7.51倍8.35倍9.24倍8.94倍
両国中8.12倍8.28倍9.08倍8.30倍7.35倍
富士中4.75倍5.58倍5.62倍6.70倍6.70倍
大泉中7.85倍8.13倍8.58倍10.25倍8.45倍
武蔵中4.30倍3.98倍3.93倍5.67倍5.62倍
小石川中5.30倍4.39倍5.09倍5.17倍5.99倍
桜修館中6.89倍7.74倍10.04倍9.89倍7.09倍
南多摩中6.11倍6.10倍6.91倍8.06倍7.86倍
立川国際中6.49倍7.31倍6.62倍6.92倍7.75倍
三鷹中6.59倍6.88倍6.78倍7.38倍6.48倍
(全校)6.45倍6.58倍7.14倍7.78倍7.21倍
  • 赤字は倍率が高かった上位3校

女子は全体的に男子よりも倍率が高い傾向にあります。

 

女子の前年比で倍率がアップしたのは白鴎中、武蔵中、小石川中、南多摩中の4校。
中でも小石川中の倍率がかなり上がったのが特徴です。

 

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ