東京都の公立中高一貫校を目指すなら知っておきたいこと

平成26年の倍率は男子6.48倍、女子7.14倍

東京都にある公立の中高一貫校は全部で10校になります。気になる受検倍率について男女別に過去3年分のデータをまとめました。

 

ちなみに、中高一貫校では国語、算数などの入学試験の代わりに適性検査というものが行われるので、受験ではなく受検(適性検査を受ける)という漢字が使われます。

 

都立中高一貫校の過去3年間の受検倍率(男子)

学校名平成26年平成25年平成24年

両国高等学校附属中学校

8.37倍7.40倍7.38倍

桜修館中等教育学校

7.51倍7.74倍5.73倍

三鷹中等教育学校

7.41倍7.39倍6.81倍

大泉高等学校附属中学校

6.98倍8.10倍7.13倍

小石川中等教育学校

6.83倍6.29倍7.28倍

白鴎高等学校附属中学校

6.27倍6.84倍6.20倍

南多摩中等教育学校

5.51倍6.45倍6.56倍

富士高等学校附属中学校

5.33倍5.78倍5.58倍

立川国際中等教育学校

5.28倍5.32倍4.31倍

武蔵高等学校附属中学校

5.03倍5.92倍6.03倍

トータル

6.48倍6.74倍6.32倍

 

都立中高一貫校の過去3年間の受検倍率(女子)

学校名平成26年平成25年平成24年

桜修館中等教育学校

10.04倍9.89倍7.09倍

両国高等学校附属中学校

9.08倍8.30倍7.35倍

大泉高等学校附属中学校

8.58倍10.25倍8.45倍

白鴎高等学校附属中学校

8.35倍9.24倍8.94倍

南多摩中等教育学校

6.91倍8.06倍7.86倍

三鷹中等教育学校

6.78倍7.38倍6.48倍

立川国際中等教育学校

6.62倍6.92倍7.75倍

富士高等学校附属中学校

5.62倍6.70倍6.70倍

小石川中等教育学校

5.09倍5.17倍5.99倍

武蔵高等学校附属中学校

3.93倍5.67倍5.62倍

トータル

7.14倍7.78倍7.21倍
  • 学校名は平成26年の倍率が高い順に表示
  • トータルは全10校を合計した数値
  • 各年で最も倍率が高いものを赤太字で表示、トータルよりも高い倍率はオレンジで表示

PR


 
適性検査対策 成績を急上昇させるには 受検倍率推移 募集要項一覧 サイトマップ